30代サラリーマンがいろいろやってみるの巻!!

ぐーたらリーマンがお金持ちになる為に奮闘するのを見せていいか迷っているブログ

負債を減らすメリット

すいません書いといてあれですが、私は200万・300万という借金をしている人間ではありませんm(__)m

 

このご時世住宅ローン、リフォームローン、リボ払い等借金をするのが普通になってきましたね

 

お金どっかに落ちてないかな(笑)

 

 

20代の頃は人から多額のお金を借りた時、それが借金なのかなーなんて思ってました

 

毎月1万の返済なんて借金じゃないぜ!!なんて思ってました

 

若気の至り (・ω<) てへぺろ

 

ただよくよく考えてみればたとえそれが少額であっても、ローンを組んだ時点で借金そして自分にとっては負債なんですよね

 

 

かくいう私も今、

 

・自動車ローン

奨学金

 

を返済しています

 

自動車ローンは残価設定ローン、奨学金はあと20年くらいかけて毎月1万4000円くらいを返済します

 

これは自分のポケットからお金が出ていく事になるので負債なんですよね

 

逆にお金を貰う側から考えると資産になります

 

現状サラリーマンですので資産といえるものはは会社の給与のみです(株もやっていますが今の所…)

 

しかしこのままいけば抱えるローン等は増えていくかもしれない…

 

今後自由な生活を送る為には借金・負債をなるべく少なくし、いかに資産を増やしていくか、これが肝になってきます

 

じゃあ肝心の資産を増やす方法ですが、私は今株式投資を考えています

  

今すぐにでもローンの一括返済して負債を減らすぜ!!と言いたい所ですが、今は株に投資して投資元本を増やしたいので一括返済の予定はありません

  

ただ10年、20年続ければそれは自分の資産を増やす弊害となってしまいます

 

それを防ぐ為には、期限を決めて資産運用、ローン返済を考えないといけません

 

私は今32歳ですが、35歳が自分の人生の分岐点になりそうな気がしています

 

私の中で40代で自由になるのでは遅い、という声が聞こえるのです

 

「30代で経済的自由を達成したい」

 

という気持ちがあります

 

これを達成するには、自分が「銀行」になる事

 

かの有名なロバート・キヨサキさんの「金持ち父さん貧乏父さん」に書いてあった一文ですね

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

 これは内容も当然面白いですが、純粋に本として面白い

 

一生会社員として働く事ができない時代になりつつあり、会社からの給与だけでは生きていけなくなる時代がやってきます

 

私はそれが楽しくしくて仕方がありません(マゾじゃないぞ!)

 

自分の力が試されるからです

 

それまでの成長をこのブログで見せれたらいいなと思います

 

皆さんの人生に幸あらん事を祈り、今日は爆睡したいと思います