30代サラリーマンがいろいろやってみるの巻!!

ぐーたらリーマンがお金持ちになる為に奮闘するのを見せていいか迷っているブログ

レイ・ダリオから一般投資家に贈られる投資法

もうすぐ読んでいる本が読み終わりそうです

 

 

この中に有名投資家レイ・ダリオ氏が一般投資家にアドバイス出来るポートフィリオが紹介されています

 

・株式30%

・中期米国債(7~10年満期)15%

・長期米国債(20年~25年満期)40%

・金7.5%

・商品取引(年金保険等だと思う)7.5%

 

※実際のレイ・ダリオさんのポートフィリオはレバレッジを掛けているため、上記は実際のポートフィリオではありません。あくまで個人投資家までレベルを落とした場合の推奨ポートフィリオです

 

上記ポートフィリオは、アンソニー氏が「リスク最小、報酬最大の資産配分を作る為の原則だけでもお教えてくれないか?」に対する答えとなります

 

なおレイ・ダリオ氏の運用成績は、

 

・1974年から2013年の40年間の年利回りは9.88%

リーマンショック時の下落率は3.93%

 

となっています

 

レイ・ダリオ氏によると資産価格の変動は

 

・インフレ

・デフレ

・経済成長

・経済下降

 

の4つしかないと主張しています

 

これがオールシーズンズ戦略(全天候型)と言われる所以です

 

この4つの変動要因に対する対策を同量に組み合わせればどんな経済的環境からも守られる

 

と同氏は述べています

 

国債の割合が大きいですが、これは株式は債権の3倍のリスクがあると同氏が考えているからです

 

バランス型ポートフィリオ(株式:50 債権:50)では好況の時は利益がでるが、不況の時に損するように作られている

 

私は今株式100%なので不況になれば大損を食らってしまいますね

 

これを読んで株式投資だけじゃいけないなと思い保有銘柄のいくらかを売ろうか考えています(基本は長期保有というスタンスですが)

 

最後に山崎元氏の解説があり、上記ポートフィリオを日本人がやろうとすると少し無理があるとも述べています

 

ただ明確な答えが出ているなら、出来るだけそれに近づける事は可能だと思っています

 

なのでこのオールシーズンズ戦略を実現するために今色々と調べています

 

結果がでればまた記事をアップしたいと思います

 

本日も読んで頂きありがとうございましたm(__)m

 


にほんブログ村


にほんブログ村