30代サラリーマンがいろいろやってみるの巻!!

ぐーたらリーマンがお金持ちになる為に奮闘するのを見せていいか迷っているブログ

仮想通貨に見るイノベーター理論・キャズム理論

f:id:sekainohajimari:20180106220509j:plain

 

米国株ブログの筈なのに今日も仮想通貨の記事です

 

決して仮想通貨を勧めている訳ではありません

 

今日は仕事が休みで、特段する事もないので家でボーっとしています( ゚ ρ ゚ )ボー

 

働かないってって最高だな

 

タバコをふかしながら米国株について考える訳ですが、ふとキャズム理論・イノベータ理論の事を思い出しました

 

イノベーター理論・キャズム理論とはなんぞや?

 

新商品や新サービスが市場に浸透するまでの経過を、購入者のタイプで表したものです。

 

いきなりで横文字で申し訳ないですが、

 

・イノベーター(2.5%)

・アーリーアドプター(13.5%)

・アーリーマジョリティ(34%)

・レイトマジョリティ(34%)

・ラガード(16%)

 

※パーセントはなーにー?、というとそこに属する人の割合となります

    イノベーターとアーリーアドプターはリスク大歓迎!っていう人です

    アーリーマジョリティ~ラガードはリスク大嫌い!っていう人です

 

分かりやすい図で説明するとこんな感じになります↓↓

 

 

 

そしてアーリーアドプターとアーリーマジョリティの間には大きなキャズム(大きな谷)がある、という理論です

 

まあイノベーターに近づく程リスクを好む傾向にあり、アーリーマジョリティから先に行ける人は少ないという事です

 

イノベーター・アーリーアダプターはリスクに関する許容度が違う人達で、一般の方とは違う感性をお持ちの方達という認識でいいと思います

 

仮想通貨を早い時期に投資をした人はイノベーターに近い人でしょう

 

最近暴落しましたが、最初の価格は0円ですからゼロにならない限りプラスだと思います

 

現在仮想通貨の価格が下がった上がったと騒いでいるのは、ビットコインがニュースになって参入したアーリーマジョリティ以降の人達だと思っています

 

そしてビットコインは投機だギャンブルだと騒いでいる人もアーリーマジョリティ以降の人達だという事も想像に難くないと思います

 

批判的発言をした時点で自分のレベルがばれてしまうので批判はおススメしません

 

インターネットで色んな事が知れるようになったとはいえ、やっぱり一次情報者が最強です

 

私も仮想通貨を毎月の積み立てという形で投資しようと思っていますが、勝てる勝負かと言えば、勝てない確率の方が大きいんじゃないかなと推測しています

 

じゃあなぜ投機的ギャンブルに投資するかと言うと、

 

・リスクに対する許容度を上げた世界に興味がある

・ギャンブルという相場には株式に通ずるものがあると思っている

・運よく増えたらいいな

ブロックチェーンという技術にも興味があり、自分の世界を広げてみたい

・自分の持つアンテナを増やしたい

 

的な事を思っています

 

超ビビりな性格な自分に嫌気が差しているかもしれないですね

 

個人的に思っている事ですが、不安定な社会に近づけば近づくほど程、生きる責任が自分の肩に重くのしかかります

 

家族がいれば尚更でしょう

 

でも何故かそれてすっごいスリルがあって楽しそうだなーワクワク☆と思ってしまうんですよね

 

ただのドMでした(笑)

 

 閑話休題

 

やっぱりお金持ちの人ってイノベーターなんだと思います

 

それに近づく為の手段を毎日考えています

 

そして方法は必ずあると思うようにしています

 

その過程が辛いですけど逆に楽しいんですよね

 

本来の仕事が全く楽しくないので、ある種趣味を見つけてしまったのかもしれません

 

米国株で一次情報者と言えば、バフェット太郎さんとたぱぞうさんでしょう

 

私も一次情報者になれるよう自分のアンテナを広げていきたいと思います

 

関連記事

 

www.gutarasalaryman.com

 

以前書いた記事で少なからず読んでくれた方もいたようですが、広末涼子さんの表紙に惹かれて読んでくれてたんだろうなと最近思います(笑)

 

イメージって大事!!

 

本日も読んで頂きありがとうございましたm(__)m

 


にほんブログ村


にほんブログ村