30代サラリーマンがいろいろやってみるの巻!!

ぐーたらリーマンがお金持ちになる為に奮闘するのを見せていいか迷っているブログ

値下がりした時に買い増しできなければ、株を持ってる意味はないのかもしれない

最近はほぼ毎日書く事が頭に浮かぶので楽しく記事をアップ出来ています

 

パチンコ熱は徐々に下がり、今は投資を辛く楽しくやらせてもらっています

 

最近ですが、石油株が値下がりしています

 

石油セクターから資金が逃げていっているという感じですかね

 

私もRDSBを保有しており、最近まで含み益が1000ドル位あったのに今はその半分位になってしまいました( ノД`)

 

じゃあ売ろうかとも考えたんですが、RDSBは将来的に売る事になると思いますが、今は継続保有の予定です

 

買い増すタイミングは株価が取得株価を下回った時です

 

そうする事で取得株価は下がり、持ち株数は増え、上昇気流に乗った時に大きな含み益が出ます

 

RDSBについて最近の上昇の前に上げ➡下げ➡上げを一度経験したので、こういう風にして利益は増えていくんだなと思いました

 

利益を出すには下落が必要なんだなと感じました

 

ただそれでも2月からの大幅下落で買い増せなかった銘柄があります

 

それは、

 

VDC(生活必需品セクターETF

・VYM(米国高配当株ETF

 

です

 

VDCは買値から15%くらい下落しており失敗したなと思う訳ですが、VYMも下落したんですが買い増す事が出来ませんでした

 

VDCは生活必需品はなくならない、VYMはたぱぞうさんが言っていたので購入したのですが、改めて考えてみると購入した理由が薄い(笑)

 

別の方がVYM・VDC・VTI等のリターン比較をしていますが、VYM・VDCがリターンに劣るという不信感が下落時に買い増す事が出来なかった理由かなとも思います

 

下落時に買い増さなければリターンは増えない訳で、何の為に持っているのかなと思ってしまいます

 

自分が本当に欲しいという銘柄であれば、下落時に進んで買い増すと思います

 

なのでVDCの他にVYMを売る事になると思います

 

「投資をする前にまず調査」

 

これを痛感する日々です

 

また一から出直します!

 

 
にほんブログ村


にほんブログ村