30代サラリーマンがいろいろやってみるの巻!!

ぐーたらリーマンがお金持ちになる為に奮闘するのを見せていいか迷っているブログ

勤労・貯蓄・投資・節約という4つのタイヤが揃って始めて、お金持ち駅に向けてバスは出発する

今読んでいる本を読み終わりましたので、内容等を踏まえて自分に照らし合わせてみたいと思います

 

今回はこちらです

 

ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」

ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」

 

 

先ほどお金の設計図という記事も書かせて頂きました

 

www.gutarasalaryman.com

 

元々著者もお金持ちだった訳ではなく、事業で成功してお金持ちになっています

 

お金持ちになろうと悪戦苦闘していた時に、とある別のお金持ちからアドバイスを貰い、お金持ちの思考を学び真似し、結果お金持ちになりました

 

著者は今お金持ちでないのは誰でもない自分の責任と述べており、富とはその人の人間性に比例すると書かれています

 

これは仕事をするにしても遊ぶにしても自分の考えが行動として現れるので、いい結果を求めるのならばまず自分の考えが正しい事が求められます

 

つまりそれは人間性だという事

 

最近そういう考えに至ったので、お金持ちになりたければ人間性を磨く必要があるという内容には共感が持てました

 

そしてお金に関する記述もあり、お金持ちに向けてバスが出発するのは、

 

・勤労

・貯蓄

・投資

・節約

 

この4つが揃って始めてお金持ちに向けてバスが出発します

(なぜバスかというと、お金を持った人は他の人をそこへ連れていこうとするからです)

 

自分に照らし合わせてみると、

 

勤労、貯蓄、投資 ➡ 〇

節約 ➡ ✖

 

最近資産が以前より増えて内心満足していた部分もあり、浪費してもまあいいか!と思っていた部分がありました

 

だからこそ資産が大台に達するまで回り道をしてしまったのだなとも思います

 

これは私の器がその程度しかない事を示していて、それに気づく事になっただけでもこの本を読む価値はありました

 

パーキンソンの法則というものがあり、「支出額は収入額まで膨張する、収入が増えれば支出も増える」と言われています

 

例をあげれば、収入が上がったら今持っている車よりいい車を買い、今持っている家よりいい家を買う等がいい例ですね

 

投資では人と違った事をして大きな利益を上げれると言いますが、私生活でもその考えは大事かもしれません

 

今後は節約も考えて行動をしていきたいと思います

 

また改めて自分に入ってくる言葉もあり、

 

「お金のゲームで勝つという事は、不労所得が必要経費を超える事」

 

「金持ちになれる人は、自分のお金が自分の代わりに仕事してくれるようになるまで働けばいい事を知っている」

 

等参考になる言葉がありました

 

この本を読んで思った事は、

 

「自分はまだまだ甘いな、弱いな」

 

という事です

 

まだ全然お金持ちじゃないので頑張らないとなと感じました

 

明日からパチンコを辞めます(`・ω・´)

 

 
にほんブログ村


にほんブログ村