30代サラリーマンがいろいろやってみるの巻!!

ぐーたらリーマンがお金持ちになる為に奮闘するのを見せていいか迷っているブログ

皆さんにはどうでもいい、私の投資方針

ちょっとふてくされた題名にしてみました ( ̄ー ̄)b!

 

毎日色んな方のブログを拝見させて頂いていますが、色んな内容の記事があって、クスッと笑ってしまったり、のほほんとした記事もあり癒される瞬間もあります

 

私も含め、日頃社会という戦場で戦っている身からすると、たまにはそういうのも必要かなと思います

 

さて先日「バフェット 伝説の投資教室」を読ませて頂きました

 

www.gutarasalaryman.com

 

多々内容が理解できない所はありましたが、全体的にバフェット氏が熟考に熟考を重ね投資判断をしている事は伝わってきました

 

その中で自分の中でですがキーワードになったのが、「複利

 

複利についても以下のような記事を書きました

 

www.gutarasalaryman.com

 

元本が少なくても、時間を掛ければ必ず時間が複利に味方をします

 

ウォーレンバフェットがゆっくりと時間を掛ければお金持ちになる事は可能、と言っているのはこれが所以だと思っています

 

ただ元本と複利に関する関係上、元本について出来るだけ毀損するリスクは避けるべきです

 

今の現状から考えてどういう指針で投資をしていくか考えた場合、

 

・元本を毀損せず

 

・配当金を出来るだけもらいながら

 

・時間を掛けて再投資をしていく

 

事になりました(書いてみると当たり前の内容でした

 

具体的には、「PFF(BNDも可)の割合を自分の年齢と同じにする」「デフェンシブ性を持った銘柄を選定する」になりました

 

ここ3日間くらい、企業価値を調べる為にDCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)について調べていました

 

計算方法は検索で調べれるので特筆しませんが、「今お金を持つ事」と「将来お金を持つ事」を天秤にかけた場合、「今お金を持つ事」の方が金融学的には価値を持ちます

 

BNDも可能性としてありですが、PFFボラティリティは低いので、今お金を持つという点から考えてPFF一択かなと思います

 

尚、金融危機に弱いと言われるPFFですが、いつ起こるか分からない事を心配しても仕方ないので、そのリスクは捨てました

 

そして問題はデフェンシブ性を持った銘柄をどうするかですが、これはデフェンシブ銘柄とイコールではありません

 

下落に強いと言われたデフェンシブ銘柄も2月の下落で下がりました

 

アマゾンをデフェンシブ性を持った銘柄と主張する方もいるので、変な偏見も持たず自分の感覚に合う主張というものを調べたいと思います

 

最近やっと自分のポートフィリオが完成したと思いましたが、また再編の波に揉まれています

 

ただの手数料の無駄にならぬようしっかり考えて投資をしたいと思います

 

ではノシ

 

 
にほんブログ村


にほんブログ村