30代サラリーマンがいろいろやってみるの巻!!

ぐーたらリーマンがお金持ちになる為に奮闘するのを見せていいか迷っているブログ

2019年の投資方針を考える(自分はどうしたいのか)

f:id:sekainohajimari:20171129175645j:plain

 

間もなく今年も終わりを迎えます

 

2017年は適温相場と言われ、2018年はボラティリティ(価格変動)の高い相場となりました

 

2018年がこんな上げ下げの多い年だと誰が予想したでしょうか

 

2019年もどうなるか分かりませんが、どういう投資方針でいくかは事前に考えておくべきだと思うので考えてみます

 

・2017年

米国株投資を始め、高配当株を買い、ちょっぴり含み益

でもデフェンシブ銘柄は弱かった

その分ハイテク株が強かった

 

・2018年

2月、10月の急落でマイPF死す

適温相場ではなく、ボラの高い相場に様変わり

ハイテク株の成長に陰りが見え、デフェンシブ銘柄が上昇傾向

 

米国市場の9割は投資規模が莫大な機関投資家が占めていると言われています

 

この動きを見ると機関投資家は米国の上昇相場も終わりを迎え、下落相場に備えていると見れます

 

と言っても将来はどうなるか分からないので、これを踏まえて投資方針を考えます

 

①VTI(トータルストックマーケット)の買い増し

②ハイテク株の購入

③高配当株は買い控え

④投資元本を1000万にし、その後は貯金

⑤急落時は冷静に

 

という感じになりました

 

米国市場が機関投資家で成り立っているという前提であれば、市場平均は機関投資家の平均とイコール

 

素人の個人投資家がプロに勝てる可能性も低いので、VTIを買い増していき市場平均を頂く

 

あとハイテク株はもう終わりと言われますが、今インターネット無しでは考えられない世界ですので、ハイテク株が潰れるとは考えにくい

 

もしハイテク株が下がるようであれば新規購入の予定です(マイクロソフトとか)

 

私は高配当株投資から始めた訳ですが、高配当投資は潰れる可能性もある会社を持つという事なので、今後もバンバン高配当株を買うのはどうかなと思い始めました

 

今後景気が減速傾向になればデフェンシブ銘柄も株価が上昇していくでしょう

 

割高で買う事は避けたいので、高配当株を買い増すのも疑問です

 

高配当株は含み損生活と一心同体ですが、精神衛生上どうかなと思う所もあります

 

そして一番大事なのでは「急落で冷静になる事」ですかね!

 

下がったから買うのは簡単ですが、これもまた含み損と一心同体

 

冷静さを保ち、明らかに過小評価されていれば買いを入れたいです

 

こう書いてますが、そう上手くはいかないでしょう

 

5年位かけて自分のPFを作るくらいの感じで投資をしています

 

まだスタートラインには立ててないかな(・・?

 

日々勉強です

 

それでは皆さんグッドラック!

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村