30代サラリーマンがいろいろやってみるの巻!!

ぐーたらリーマンがお金持ちになる為に奮闘するのを見せていいか迷っているブログ

【米国市場】平均への帰化という意味で、SPXS(S&Pの空売りみたいな事が出来るETF)の購入を考える

f:id:sekainohajimari:20180419194009p:plain


明日から仕事かーと思うと気が重くなりますね…

 

やる事がない事も気が重くなるので、天邪鬼ではあります(笑)

 

さてさて最近米国株が上昇気味で買えません!みたいな事を見聞きします

 

私も多分に漏れずその一人です

 

PM(フィリップモリス)とVDC(米国生活必需品ETF)を売り、資金がドルで300万いかないくらい余っています

 

PFF(米国優先株ETF)を購入してもいのですが、PFFの割合が大きくなってもどうかなーとも思います

 

そこでSPXS(ディレクションデイリーS&P500ベア3倍ETF)をトライという意味で購入してみようかなと思っています

 

空売りは「株価が下落した時に利益がでる」ものです

 

これがあれば株価が上がれば買い増しをする事が出来ますし、下がれば利益を得る事ができます

 

永続的に持つつもりはありません

 

私はまだ損切りが出来ないので(というかもったいない)、保有銘柄の株価が下がれば損切りはできないでしょう

 

その時は待機資金で買い増しをするつもりですが、その時にSPXSがあれば「更なる買い増しの資金」になると思います

 

一時期「金持ち父さん貧乏父さん」で有名なバート・キヨサキ氏の本を読み漁ってました

 

その中でキヨサキ氏はたいていの投資家のポートフィリオは、「上昇の時に利益を得て、下落の時には損をする」ポートフィリオになっていると述べています

 

簡単に言えば「勝ちしか含まないポートフィリオ」という感じです

 

(以前こんな記事も書いてました)

 

www.gutarasalaryman.com

 

平均への帰化という言葉があり、それが本当に存在するのであれば、必ず下がる時はきます

 

またSPXSの株価が0ドルになると言うのであれば、それは米国株が下落する事はないと同意義です(長期的には上がると思います)

 

それは投資歴がまだまだ短い私でもあり得ない事だと思いますので、ダウ平均の史上最高値を更新しそうな今、「SPXSは仕込み時」なのかな?と思います

 

明日のダウ平均先物の状況をみて購入を決めますが、有り得ない方法ではないと思います

 

それではノシ

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村